上海日記Shanghai Diary

現代上海における人民の国営食堂

2022年09月23日

こんにちは、Beauty Works Shanghaiの清水です。
上海は、日中は秋晴れの日が増え、さわやかな、一年のなかで一番いい季節です。ただ、朝晩の寒暖差大きく、夜は20℃を下回ることも増え、半袖1枚では寒く感じます。
さて、人民广场来福士にある私たちのオフィス近く、第一百貨店の裏手に六合路という小さな路地がありまして、そこに中味合という人民の食堂があります。おぼんを取って、自分で料理や主食を選んで最後に会計するという、いわば中国版まいどおおきに食堂です。というより、社員食堂とか、学食みたいなもんだと言ったほうがイメージしやすいかも知れません。その昔、こういった食堂が中国のあちこちにありまして、10元とか15元くらいで、結構お腹いっぱい食べられて、私のようなプロレタリアートの憩いの場でもありました。本日は、そとから覗くと、おばちゃんが手招きしてくれて、店内に入ると懐かしい気持ちになりました。おかず2品、スープ、ご飯で36元、やっぱ30年で物価は多少上がっている(やや多く取りすぎ)。このような店は、一昔前は全部国営食堂で、労働者のために朝昼晩とやっていて便利なのですが、夜は20時になると客がいようがいまいがお構いなし、私たちの仕事は終わりですとなって、従業員がみんなテレビの前に集まって、わいわいと中国連ドラを見ながら賄いご飯を食べはじめるのです。サービスレベルが格段にアップした現代はそんなことはないけど、いまでもこのような昔ながらの食堂をたまに利用すると、共産主義中国が垣間見れた当時を懐かしく思い出します。