上海日記Shanghai Diary

上海的ビアホール

2022年08月09日

こんにちは、Beauty Works Shanghaiの清水です。
連日の猛暑日、ビールを飲まずにはいられない季節です。
ということで、今日は、地下鉄2号線x3号線x4号線中山公園駅から徒歩5分のところにある、台湾人経営のドイツ式ビアホール宝莱纳餐厅(PAULANER)をリポートします。ドイツ式のビールが黄啤、白啤、黑啤と3種類ありまして、それぞれ0.3ℓ、0.5ℓ、1.0ℓあります。値段は、ワタシがいつも飲む0.5ℓで68元です。そのほかにドイツ料理の定番、ソーセージ、ザワークラウト、マッシュポテト、プレッツェルなどなどあります。ホールの中に入ると、一瞬ドイツのビアホールに来たような雰囲気です。また、中庭的なアウトサイドにも席があり、ビアガーデンとしても楽しめます。昼から通しで営業していて、週末は昼からビールを飲めるのがありがたいのです。コロナ禍以前は外側でBBQなんかもやっていましたが、いまは自粛中です。それでも、この季節、週末の午後になると、欧米人、中国人、ちょっと日本人なんかが訪れまして、にぎやかな雰囲気になります。なかなかビフォーロックダウンに戻らない上海の夏の夜ですが、それなりに楽しく過ぎていきます。