上海日記Shanghai Diary

上海アフタヌーンティー

2022年08月05日

こんにちは、Beauty Works Shanghaiの清水です。
8月に入り暑さは更に猛威を振るいます。逆に、上海でのコロナ騒ぎはここのところ、おとなしくなっています。
さて、地下鉄9号線商城路から歩くこと20分、渡し船乗り場、杨家渡の近くに巴黎蜜语という法式咖啡厅(フレンチカフェ)があります。私のサイクリングの師匠でもある香港人老朋友(香港人の古いい友人)から教えてもらったお店でして、もともとは週末、彼と一緒に浦東側黄浦江沿いサイクリングロードを走った帰り道に立ち寄っていたお店です。その香港人はすでに上海を離れてしまったのですが、ワタシがお店自体を結構気に入ってまして、そのあとも時々ひとりでやってきます。日本人はあんまりいなくて、ほとんどが周辺エリアに居住する中国人中間層UPと欧米人です。ここのパンとケーキはとても美味しいです。店内ではそのほか、キッシュとか軽食を食べることができ、ワインやハム、チーズなども売られていて、テイクアウトするお客さもたくさんいます。この日は、ベリーエクレア(中国語表記、莓果多多闪电泡芙、つまりシュークリームになっています笑)とアイスラテ(冰拿铁)をオーダー、セット価格で57元(日本円換算1,140円)です。今の季節、日中アウトサイドはちょっと暑いのですが、ピーカンでなく、かつ夕方になれば、なんとかテラス席でも大丈夫です。ささやかな感染対策で、なるべくアウトサイド席に。値段がちょっぴり、高めのことを除けば、それなりに国際都市上海を感じながら、週末をくつろげる場所のひとつです。はい。